ビザの取得

アフリカ大陸縦断の旅で僕が滞在した14カ国のうち、ビザが不要だったのは4カ国だけ。世界では日本人は観光目的での入国ならばビザの取得は不要という国がどんどん増えているのだが、アフリカではまだまだというか、以前は不要だったのに現在では必要なったケニアのような国もあったりする。また取得費用もガイドブックの記載より値上げしている国も多く、注意が必要である。(このページの情報はあくまで個人的な経験に基づくものであり、現在は変更になっている可能性もあります。ご了承ください。)
■ エジプト
取得場所 エジプト カイロ
取得費用 US$15
取得日数 即時
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 カイロ空港でアライヴァル・ビザを取得。飛行機を降りて入国手続き前に両替所で15ドルぶんの印紙を購入し、それを自分で自分のパスポートの空きスペースに貼って入国手続きに進むという、かなり奇妙なやり方。(僕はエジプトのガイドブックを持っていなかったので、すごく戸惑った。)
■ スーダン
  
取得場所 エジプト カイロ
取得費用 US$100
取得日数 午前中に申請して午後に受け取り
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 まず在カイロ日本大使館に行き、誓約書にサインをしてレターを手に入れる(所要1日・無料)。それからスーダン大使館に行って申請する。スーダン大使館はとにかく混むので午前中早めに行って並ぶこと。入国してから3日以内にエイリアン・オフィスでレジストレーション(外国人登録、費用は7000スーダン・ディナール。)しなければならない。そしてそのためにビザとは別に更にパスポート1ページ分が必要となる。ちなみにダルフール紛争の影響で現在スーダン・ビザを取得できる場所は非常に少ない。
  
■ エチオピア
取得場所 エジプト カイロ
取得費用 US$20
取得日数 即日
エントリー シングル(90日滞在可)
備考 カイロのエチオピア大使館で取得。エチオピアのビザは3ヶ月間有効だが滞在できるのは30日間のみだという旅行者もいて心配になり、首都アジスアベバのイミグレーションに出頭したところ、係官から「発効日から90日間滞在できるのでまだ延長する必要はない」と言われ、結局エチオピアには1ヶ月半滞在したが国境のイミグレでも何の問題もなく出国できた。
■ ケニア
取得場所 ケニア モヤレ国境
取得費用 US$50
取得日数 即時
エントリー シングル(90日滞在可)
備考 エチオピア・ケニア間の国境でアライヴァル・ビザを取得。僕はやらなかったけど、なんでも協定があってケニアからウガンダかタンザニアに出国して、そこから他の国に行かずにケニアに戻る場合には一度だけ無料で再入国できるらしい。
■ ウガンダ
取得場所 ウガンダ ブシア国境
取得費用 US$20(学生料金)
取得日数 即時
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 ケニア・ウガンダ間の国境でアライヴァル・ビザを取得。ウガンダはちょっとかわっていて、国際学生証があれば上記の学生価格で取得でき、僕もそうした。国際学生証がなくても口頭で「学生です」と申告すれば割引価格になるというウワサもある。
■ ルワンダ
取得場所 ウガンダ カンパラ
取得費用 11,000ウガンダシリング
取得日数 午前中に申請して午後に受け取り
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 ルワンダのビザは国境でも取得できるのだが、在ウガンダ・ルワンダ大使館で取得するとビザにマウンテンゴリラのホログラムシールを貼り付けてくれるという、本当にどうでもいいことに惹かれてウガンダで取得した。ここは米ドルを受け付けてくれないので要注意。
■ タンザニア
取得場所 ルワンダ キガリ
取得費用 US$50(手数料US$5が別に必要)
取得日数 翌日発給
エントリー シングル(90日滞在可)
備考 タンザニア・ビザを国境で取得できるのは知っていたのだが、キガリであまりにも暇だったので「ビザでも取っておくか」とか思ったのが間違いだった。国境で取得する際には(たぶん)必要ないと思われる手数料5ドルを取られてしまったのだ。なんでも「ビザの発給のために本国と電話やファクスでいろいろとやり取りするので」とのことである。ちなみにキガリのタンザニア大使館は最新版ロンプラの地図に掲載されている場所から移転している。
■ マラウィ
取得場所 ソングウェ国境より入国
取得費用 なし
取得日数 なし
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 日本人はビザ不要。入国審査で「何日滞在したいか?」と訊かれたので「30日」と答えたら「30日滞在可能」とパスポートに書かれた。最大でどれくらい滞在できるのか不明。ちなみにここの国境でイエローカードの提示を求められた。
■ ザンビア
取得場所 ザンビア ムワミ国境
取得費用 US$25
取得日数 即時
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 マラウィ・ザンビア間の国境でアライヴァル・ビザを取得。25ドルを支払うのに20ドル札1枚と1ドル札5枚で払ったら「1ドル札はダメだ」と言われて突き返され、仕方なく大きな札をくずすことになってしまった。
■ ボツワナ
取得場所 カズングラ国境より入国
取得費用 なし
取得日数 なし
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 日本人はビザ不要。マラウイと同様ここでも入国審査で「何日滞在したいか?」と訊かれたので「30日」と答えたら「30日滞在可能」とパスポートに書かれた。
■ ジンバブエ
取得場所 ジンバブエ プラムツリー国境
取得費用 US$30
取得日数 即時
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 ボツワナ・ジンバブエ間の国境でアライヴァル・ビザを取得。ここの国境、出入国する地元の人がとにかく多くてすごく混んでいる。おまけにアフリカの他の国では珍しく税関がしかっり機能していて、申告品のあるなしにかかわらず書類に記入して提出しなくちゃならない。かなり面倒な国境だった。
■ モザンビーク
取得場所 ジンバブエ ハラレ
取得費用 US$20
取得日数 3日
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 モザンビーク・ハイコミッショナー(高等弁務官事務所)で取得する。ロンプラの地図にはモザンビーク大使館と書いてあるので注意。また入国の際にビザ代とは別に入国税(30,000モザンビーク・メティカシュ)を支払わなければならない。
■ スワジランド
取得場所 ムルメニ国境より入国
取得費用 なし
取得日数 なし
エントリー シングル(30日滞在可)
備考 日本人はビザ不要。アフリカにしてはかなり近代的なイミグレだったのが印象的。
■ 南アフリカ
取得場所 ゴレラ国境より入国
取得費用 なし
取得日数 なし
エントリー シングル(90日滞在可)
備考 日本人はビザ不要。にもかかわらずイミグレで頭の弱そうな中年の女性係官に「何故ビザを持っていないんだ?」と詰問され、何度も「日本人は観光目的ならビザ不要なんです!」と説明して、やっとの思いでスタンプ押してもらった。

トップ アフリカ 旅行記 写真集 旅の壁紙 旅のルート